暮らし | リフォーム

WEB限定   連載  

【ウェブ限定連載】ライフスタイルが変わると住まいが変わる 第一回「50代からのリフォームを成功させるには?」

撮影:石田篤

建築家 青木律典さんが、マンション&戸建てのリフォーム&リノベーションのお悩みにお答えします。

浄水器メーカーのタカギは、長年皆様のキッチンまわりに強くかかわりをもっていきました。
その中で気づいたのは、家族が変化し、生活スタイルが変わったときに、リフォーム&リノベーションを検討されるお宅が多いこと。
お客様のご自宅にお邪魔した時にも、世間話として相談されることもあります。
年代によっても希望はそれぞれありますが、特に子育てが終わりかけている50代はリフォーム適齢期かもしれません。

お客様からの声で実際にあるお悩みについて、建築家の青木律典さんに聞いてみました。

50代のリフォーム&リノベーション
あるあるシチュエーション
  • 子どもが家から独立したので部屋が余っていて、単なる物置になっている。
  • 小さく仕切られた部屋が暗くてイヤ。広々としたリビングにしたい。
  • 人を招いてキッチンを中心としたダイニングでパーティをしたい。
  • 家族が減ったので料理に時間をかけずに、自由時間を増やしたい。
  • 老後を考えるといまからバリアフリーにしたほうがいい?
  • ハズキルーペが気になるお年頃。目が見えづらくなってきた。 寒さ対策をどうしたらいい?
  • もう20年使っているお風呂とトイレを新しくしたい!
  • 夫の趣味と私の趣味。それぞれを追求するスペースがほしい。

―50代はまだ若いけれど、体のことも気になる世代ですが、そういう視点のリフォームはありますか?

青木さん「よくある例では、部屋数はもう必要ないので、広くリビングを取りたいという希望。ホームパーティを開きたいので、リビングダイニングで開放的にしたいという方もいますね。一方、部屋数はそのままで、奥様のアトリエ、ご主人のコレクションルームなどご夫婦それぞれの趣味の部屋を持ちたいという希望もあります」

―50代はまだ若いけれど、体のことも気になる世代ですが、そういう視点のリフォームはありますか?

青木さん「段差をなくしてフラットな床にして、万が一の車いすの準備をするということでしょうか。照明を意識される方も多いですね。白熱灯の温かい光はリビングのくつろぎの雰囲気にはとてもいいのですが、字が読みづらいので、LEDの明るめの照明に替える、切り替えで蛍光灯になる照明にすることも。照明計画は大切です」

―キッチンに関しての50代以上でのリフォーム要望の傾向はありますか?

青木さん「好きな友達をよんでホームパーティが開けるような開放的なリビングダイニングキッチンにしたい、そういう生活スタイルを送っている、送りたいという方は多いです。一方、それほど料理が好きではない、できれば時間をかけたくない、夫と二人なので最低限の料理時間でいいという方もいる。後者なら、例えば同じ開放的なキッチンでも、動線が短くて済むようコンパクトなキッチンスペースにし、目線の先に窓やテレビなどが来るように、料理する苦痛を和らげるような気のそらせ方を提案、また食事スタイルも作り付けカウンターでの食事を基本にすぐ片付けられるような提案をしたりします」

―お風呂、トイレはどうでしょう?

青木さん「健康を気にする世代になったということで、「ヒートショック」などを気にする方にはお風呂場と脱衣所の温度差を和らげるような構造が必要ですね。トイレはたとえば20年前と比べたらトイレ自体の機能も進んでいるので、健康のために新しい機能の付いたトイレもいいと思います。

まとめてみた。リフォーム&リノベーションの傾向と対策

  • 子どもが家から独立したので部屋が余っていて、単なる物置になっている
  • 小さく仕切られた部屋が暗くていや。広々としたリビングにしたい。
    ⇒趣味の部屋やゲストルームに利用する。またはリフォームして広い空間を実現する。夫婦の生活スタイルを考えて

  • 人を招いてキッチンを中心としたダイニングでパーティをしたい
  • 家族が減ったので料理に時間をかけずに、自由時間を増やしたい
    ⇒自分の生活スタイル、なにが自分にとって優先事項か考えてからリフォーム

  • 老後を考えるといまからバリアフリーにしたほうがいい?
  • ハズキルーペが気になるお年頃。目が見えづらくなってきた。
  • 寒さ対策をどうしたらいい?
  • もう20年使っているお風呂とトイレを新しくしたい!
    ⇒加齢はある日突然やってくるわけではない! 健康と将来を見越しながらのリフォームをする。そのためには自分たちの生活の10年程度先も意識してみる。
     
  • 夫の趣味と私の趣味の趣味、それぞれを追求するスペースがほしい。
    ⇒人生は有限。自分の好きなことを楽しむためのリフォームは大賛成。趣味といっても作業的なことなのか、コレクション的なことなのかでも、部屋のスペースやリフォームの目指す方向は違ってくる。夫婦の優先順位を決めて話し合う。

―自分たちの希望のリストを作ることが必要ですね!

青木さん「まず考えてほしいのは、自分たちの住まい方の特徴は何か。つまり、好きなこと、苦手なこと、どんなふうに暮らしたいかなど。ご自身のこうしたい、こうだったらいい、という希望と、実際のご自分の生活スタイルを書き出してみることがよいリフォームへの第一歩であり、リノベーション(改革)への第一歩です。それに応じて、今持っている物の数を減らしたり、不要なものを捨てたりすることも必要です」

青木律典(あおき のりふみ)

建築家。LIXILデザインコンテスト審査員特別賞、JID AWARD2014インテリアスペース部門賞ほか受賞多数。
撮影:石田篤