健康・美容 | 腸のお悩み コラム

WEB限定   連載   腸の悩み  

教えて!加勢田先生「腸に関するお悩みにお答えします」番外編①

腸活に関しての質問が1400通以上寄せられました。
腸の専門家、加勢田千尋先生が誌面では紹介しきれなかったプラスαの腸活についてお答えします。

Question 1
腸内細菌が多いと腸が健康と聞きました。

ANSWER

腸内細菌が多いというのは、バランスが整っている健康な状態です。腸内細菌を増やす、そして減らさないために一番大切なのが腸内細菌と、その「えさ」をセットで摂るということです。日本人に合う菌は発酵食品に多く含まれています。えさは野菜や果物などの食物繊維ですね。オリゴ糖が含まれている食材もえさになります。例えば麹(こうじ)製品全般、バナナやたまねぎなど。ただ同じ菌ばかり増やしていると腸内環境もだんだん悪くなってくるので、バランスよくいろいろな食材を食べることが大切です。

Question 2
整腸剤といえばビフィズス菌ですが、ビフィズス菌入りの飲料などの効果はあるのでしょうか。

ANSWER

飲んでもいいと思いますが、私はあまりおすすめしていません。腸活のためによく“乳酸菌を摂りましょう”と言いますが、実は乳酸菌よりビフィズス菌の方が腸のなかにたくさんいるのです。整腸剤を飲むより、腸にいるビフィズス菌を増やす方が効果としては期待できると思います。ちなみにニンジンにはビフィズス菌増殖因子が含まれているので、腸にいるビフィズス菌のえさになってくれます。

Question 3
積極的にヨーグルトを食べていますが、便質がやわらかいです。

ANSWER

もしかしたらヨーグルトが合わないのかもしれませんね。だいたい便の状態は2週間ぐらいで変わってきます。2週間経っても便の状態が変わらないようでしたら他の菌に切り替えるか、思い切ってやめた方がいいですね。ただ自分の腸に合う菌を見つけるのはとても大変で、なかには2年かかったという人も。ヨーグルトではなく、豆乳ヨーグルトか日本の発酵食品を食べるようにしてはいかがでしょうか。

Question 4
水分をたくさん摂るようにしていますが、便秘がなかなか治りません。

ANSWER

便秘にもいろいろなパターンがあり、なかには腹筋がなく便秘になる人がいます。そういう方は水分を摂ることで余計に負担がかかってしまうことも。水分だけでなく、食物繊維や発酵食品を食べてみてはいかがでしょう。ちなみに便秘の明確な原因は分かりづらく、一度食品で試しながら体の反応をみてもらえると自分の便秘タイプの判断になると思います。

Question 5
水と麦茶はどちらが腸にいいのでしょうか。

ANSWER

水です。色がついている飲み物は代謝に時間がかかってしまうので水分は水で摂るのがベターです。麦茶にはミネラルが含まれていますが、たくさん摂れるわけではないので他の食事から摂った方がいいと思います。

Question 6
水やお茶が苦手な子供の便秘改善策はありますか?

ANSWER

水やお茶を飲むのが苦手なお子さんの便秘は食事で解決することがお勧めです。便秘には果物が効果的ですが、南国系の果物は体を冷やしてしまいます。りんご、なし、もも、ぶどう、いちごなど日本で採れるような果物を朝食食べさせるようにしてください。目安はりんごだと1/4個、みかんだと1個ぐらいですね。またご飯に雑穀や寒天を混ぜるとさらに効果が期待できます。ちなみに寒天を混ぜたご飯は少し置いておくと匂いがつくので食べ切る量をその都度炊くのがお勧めです。

いかがでしたか? 腸に関してのお悩みは皆さまそれぞれですが、自分に当てはまるものを一つでも試してみてください。皆さまの腸活ライフを応援しています。

加勢田 千尋 先生
管理栄養士。一般社団法人「CHO-JIN食育協会」代表。1万人の先生がいる「ストアカAWARD 2017」にて新人先生賞を受賞。