料理

おかわりレシピ「根菜たっぷりの簡単サムゲタン」

タカギの会員誌&WEBに掲載されたコウケンテツさんの過去のレシピから、お客様からの反響が多かったものをテーマごとにセレクトして再掲載。「子どもに肉も野菜もたくさん食べてもらいたい」という読者のリクエストにこたえたメニュー3品です。

レシピ/コウケンテツ 撮影/山家学
〈2018年8月会員誌掲載〉

本来は鶏一羽で作りますが家庭で作るなら骨付きもも肉のぶつ切りでもおいしくできます。根菜も加え栄養たっぷりな、ごちそうメニューです。

RECIPE POINT
骨付きの鶏肉を使う時はさっと湯を通して汚れと臭みを除く。骨付きの鶏ももぶつ切り肉が出に入らないときは、骨なしの鶏もも肉でもOK。手羽先や手羽元などの骨付き肉を加えてもよい。

材料(4 人分)
骨付き鶏ももぶつ切り肉・・・3 ~ 4 本分(約1kg)
もち米・・・大さじ4
ごま油・・・大さじ1
干しなつめ、むき天津甘栗・・・各8 粒
さつまいも・・・1 本
れんこん・・・1 節
にんにく・・・3 片
浄水・・・5 カップ
酒・・・1 カップ
塩・・・小さじ1/2
三つ葉・・・1 束(お好みで)
塩、粗挽き黒こしょう・・・各適宜
長ねぎの小口切り・・・1/2 本
糸唐辛子・・・適宜

作り方
1
沸騰した湯で鶏肉を下ゆでする。

POINT
骨付き肉をゆでこぼすことでアクと臭みをとることができる。

2
再沸騰して、肉が白くなったらざるに上げ、浄水(分量外)で洗う。

3
もち米は洗って浄水(分量外)に30分ほど浸し、水けを切り、ごま油を絡める。干しなつめは水で洗い、種の回りをむいて取り除く。にんにくは叩いてつぶす。さつまいもは厚さ2㎝、れんこんは1㎝の輪切りにする。

POINT
もち米にはあらかじめごま油をまぶし、風味を付け、油でコーティングをしておく。

4
鍋に鶏肉、にんにく、もち米、酒、塩、鶏肉、浄水を入れて強火にかける。沸騰したらアクを除き、干しなつめを加え、少しずらした状態にフタをして40~50分煮る。湯が少なくなったら湯適量(分量外)を足す。さつまいも、れんこん、栗を加え、さらに15分ほど煮て、塩で味をととのえる。

POINT
煮すぎると崩れがちな根菜は、時間差で加えるのがポイント。ほっくり絶妙な煮上がりに。

5
2~3㎝に切った三つ葉、ねぎを添え、糸唐辛子をのせる。塩、こしょうを付けながらいただく。

コウケンテツ さん

料理研究家 手軽で美味しい 家庭料理を提案。テレビや雑誌講演会など多方面で活躍中。 30 カ国以上を旅し世界の家庭料理を学んだ経験も持つ。3 児の父であり育児、日々の食事や男性の家事 、育児参加の提言、食を通して人と人とのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。 昨年開設し た youtube「 Koh Kentetsu Kitchen」が人気。