ペレ信子さんのキッチンテーブルから四季のおもてなし②|気取らない、でも心に残るおうちでのおもてなしのヒントをあなたに。

Lifestyle

ペレ信子さんのキッチンテーブルから四季のおもてなし②|気取らない、でも心に残るおうちでのおもてなしのヒントをあなたに。

家族を、おもてなしする日

文/ペレ信子 撮影/升谷玲子

コロナのせいで変化した
家族と一緒の時間

新型コロナウィルスの影響で私たちの生活に大きな変化がもたらされました。今は、なかなか人を家に呼んだりできない状況です。
リモートワークや、オンライン授業によって、家に家族が常にいる状態が日常となりました。元の生活に戻るのにはかなり時間が必要かもしれません。家族全員が家にいて3食用意する毎日に少し疲れたり、同じような日常の繰り返しに心が重くなる日もあるのではないでしょうか。

私自身も家族全員の全食事を、はりきって作り始めたのは良かったものの、だんだん先行きがわからないストレスを感じるようになり、小言も多くなったように思います。ある日、いつもなら大したことのない子供同士の言い争いに必要以上に怒ってしまったことがありました。その時に子供も夫も私のストレスに気づいてくれて、家事の分担(炊事、掃除、洗濯、皿洗い)を引き受けてくれました。みんなに負担をかけないようにと思っていたけれど、余計なストレスをためては円満な生活は続けられません。そして実は、意外に家族はやるべき家事に気づいていない、ということもあるのです。

食事を作るのをたまにお休みしたいときは、レトルトや冷凍食品に頼るのも良いと思います。そのかわり、美味しいものを!うちではレトルトカレーは少し奮発して松本楼のハイカラビーフカレー(メールで注文)を愛用しています。冷凍食品ならフランスのピカール(オンラインショップ)。そうやって、休みを入れつつ乗り切りましょう。


“フランス料理”は3品で構成する

そんな毎日の中で、不可能になったように思える「おもてなし」。おも てなしというと、友達や知人など家族以外の方を招待することを想 像しますね。でもこんな時期に私が特におすすめしたいのは、家族 をおもてなしすること。

平日はどうにか作って食べさせるという感じでも、週末にはちょっと 特別な雰囲気でゆっくり食事をしてみませんか。時間をかけてゆっく り食事と言えば、フランス料理ですよね。フランス料理はなぜ時間が かかるかと言うと、前菜、メイン、デザート、のようにコースで料理が 運ばれてくるからなのではないか?と思うのです。

フランス料理、というと敷居が高く感じられるかもしれません。でも ここでは、フランス料理の食事の流れを真似するのです。前菜にサラ ダ、メインに大鍋で煮込み料理、そしてデザートという風に構成すれ ば簡単です。デザートはお菓子作りが得意な方は自家製でも良い し、市販品でも、フルーツだけでも、それぞれのお好みで。料理数は3 品で大丈夫です。全ての料理を一気にテーブルにのせるのではなく て、料理を一つずついただき、その間に一息ついて次にいくという食 事の仕方を取り入れてみましょう。

料理がシンプルなので、家族へのおもてなしの心を表すためにテー ブルクロスをかけてみましょう。普段はテーブル上にはそのままお皿 をのせているでしょうか。もしかするとテーブルマットやお盆を使って いるかもしれません。でも、週末は家族をもてなすつもりで、1枚の テーブルクロスをかけてみましょう。それだけで特別感が生まれま す。ちょっとわくわくしてテーブルを囲めるのではないでしょうか。テー ブルクロスはイケア、ZARA HOME、そしてテーブルレシピなどイン ターネットで購入できます。できたらバルコニーに咲いているお花や キャンドルなど飾ってみましょう。お皿はいつも使っている白いお皿 で十分。ちょっとしたことで食事の時間が新鮮になり、心に余裕が生 まれます。お家レストランで家族をおもてなししてみませんか。

レシピ写真/ペレ信子


材料〈4人分〉


スモークサーモン………… 200~300g
アボカド…………………… 1個
ディル
サラダ菜
サワークリーム(お好みで)
【ドレッシング】
マヨネーズ………………… 大さじ1杯
すし酢……………………… 大さじ1杯
オリーブオイル…………… 大さじ1杯
塩、こしょう

作り方

1. アボカドは1.5cmくらいの角切りにする。マヨネーズ、すし酢、オ リーブオイル、塩、こしょうでドレッシングを作る。

2. お皿にサーモン、アボカド、サラダを盛りつける。ディルを散ら す。サワークリームがあれば添える。

材料〈4人分〉

牛肉……………………400 ~ 500g
にんじん…………………4 ~ 6本
ベーコン…………………4枚
玉ねぎ……………………1個
にんにく…………………1片
トマトペースト…………大さじ1杯
白ワイン…………………200 cc
ロリエ……………………1枚
ビーフブイヨン…………1~2個
水………………………適量
塩、こしょう
オリーブオイル

作り方

1. 鍋にオリーブオイルを入れて塩胡椒した肉をいためる。全体的 に焼き色がついたら薄切りの玉ねぎ、にんにく、ベーコンを入れてい ためる。

2. 玉ねぎがしんなりしたら、トマトペーストを入れて混ぜる。白ワインを入れて沸騰させる。にんじんは4cmくらいの長さに切ってから 縦に4~6本に切って加える。ロリエ、ビーフブイヨンを入れて、牛肉が かぶるくらい水を注ぐ。塩こしょうして1時間~1時間30分加熱する。 (圧力鍋なら30~40分)

3. 必要なら蓋を取って煮詰める。

材料〈タルト型直径18cm 〉

りんご……………………1~2個(大きめなら)
砂糖……………………100g
卵………………………2個
薄力粉…………………100g
ベーキングパウダー……小さじ1杯
溶かしバター……………50g
シナモンパウダー………少々

作り方

1. りんごを4つ切りにして皮をむいて3~4mmくらいの厚さに切っておく。

2. ボウルに砂糖と卵を入れて泡立て器でよく混ぜる。薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら加える。シナモンパウダーと溶かしバターを加えてなめらかになるまで混ぜる。

3. りんごを生地に加えて混ぜたら、型に流し込む。(型はシリコン型でなければ、バターを塗って薄力粉をまぶす)180℃のオーブンで 30分、170℃に下げて15分加熱する。

ペレ信子さん

ぺれのぶこ

フランスでの企業勤めを経て独立。翻訳、料理、テーブルコーディネートを手掛ける。著書に「フランス流 しまつで温かい暮 らし」(講談社)

Instagram>