焼いて蒸すだけレシピ「鶏のガーリックレモン焼き」|コウケンテツさんの「非レシピ」でつくる夕ごはん②

Food

焼いて蒸すだけレシピ「鶏のガーリックレモン焼き」|コウケンテツさんの「非レシピ」でつくる夕ごはん②

「もう、レシピ見ながらの料理が面倒」「なにを食べようか、どう作ろうか考えるだけでうんざり」。そんなとき&そんな人のための、「焼くだけ、蒸すだけ、組み合わせは無限大」の3品をご紹介。レシピであってレシピではない、俳句のように唱える自由自在の非レシピコウケンテツ版。
第2回は焼いて蒸すだけ!「鶏のガーリックレモン焼き」。

レシピ作成・監修/コウケンテツ
撮影/山家学 文/北條芽以
スタイリング/岩﨑牧子 構成/上坂美穂

焼くだけ、蒸すだけ、組み合せは無限大の 「非レシピ」コウケンテツ版

鳥は万能アスリート!焼いて蒸すだけ!鶏のガーリックレモン焼きのタイトル画像
鶏のガーリックレモン焼きの写真
Recipe Point

から揚げ用の鶏モモ肉におろしニンニク、レモン汁、オリーブオイルなどを絡めてフライパンで焼いて蒸すだけ。鶏モモを手羽や魚に替えても。

コウケンテツさんのだけだけ川柳「鶏モモにニンニクたれ絡め焼いて蒸す」

材料(2人前)
鶏モモ肉(から揚げ用)
300g
Aニンニクのすりおろし1 片分
レモン汁、オリーブオイル各大さじ1

小さじ1/2
<付け合わせ>

さつまいも(細めのもの)
1 本
塩、こしょう
各適宜
オリーブオイル
大さじ1

作り方


鶏肉にAを絡める。さつまいもは厚さ1㎝の輪切りにする。

鶏のガーリックレモン焼き工程①の写真


フライパンにオリーブオイルを熱し、1の鶏肉とさつまいもを入れる。 ふたをして弱火で10分ほど蒸し焼きにする(水分が足りなければ酒か水を少々を足す)。途中、上下を返す。

鶏のガーリックレモン焼き工程②の写真


火が通ったら、塩、こしょうで味をととのえて完成!

鶏のガーリックレモン焼き完成写真

Koh kentetsu Point

困った時は鶏を買え!

僕は、献立を決められないとき、とりあえず鶏肉を買います。なぜなら、あとでどんなアレンジもきくし、なにより家族みんなが大好きだから! 鶏肉といってもモモ肉以外に、胸肉や手羽、うちの近所のスーパーにはときどき『セセリ』なんて貴重な部位が売られていたりもするので、こちらは狙って購入します。 手羽なら、骨からだしがでるので、骨に切目を入れておくのがおすすめです。

鶏肉に限らず、えびなんかもおいしいです。付け合わせもなんでもいいのですが、さつまいもはレモンの酸味とよく合うのでおすすめ。

また、この調理法のポイントは、蒸し焼き。下味を付けてあるのと、蒸気を閉じ込めた蒸し焼きのおかげで、パサつきがちな胸肉を使ったとしても、ふっくら仕上がります。そして、フライパンに入れてふたをしたら放っておいていいので、その間に片づけをしたり、子供たちと遊ぶこともできます。

アレンジは無限大!鶏手羽や 魚に替えても いいかんじ

コウケンテツさん

 

料理家。シンプルに素材の味を活かし、作りやすいレシピに定評があり、テレビ、雑誌、書籍などで大活躍。近著に「コウケンテツのおやつめし2」(クレヨンハウス)など。
コウケンテツさん