新型コロナウイルスお役立ち情報|ご家庭でも作れる消毒液「次亜塩素酸ナトリウム液」の作り方

Lifestyle

新型コロナウイルスお役立ち情報|ご家庭でも作れる消毒液「次亜塩素酸ナトリウム液」の作り方

新型コロナウイルスが猛威をふるっており、みなさまも厳しい状況におかれていることと存じます。タカギはお客様に少しでもお役立ていただける情報をお届けしたいと思い、今回、新型コロナウイルス対策として、厚生労働省から発信された情報をもとに、ご家庭でも手軽にできる消毒液「次亜塩素酸ナトリウム液」の作り方と消毒方法についてご紹介します。

■次亜塩素酸ナトリウム液とは?
次亜塩素酸ナトリウム液とは塩素系漂白剤を薄めたもので、塩素系殺菌剤のひとつです。食品衛生の分野で活用されており、ノロウイルス対策にも用いられています。塩素系漂白剤を水で薄めるだけで「次亜塩素酸ナトリウム液」という消毒液を作ることができます。手軽に作ることができますが、使い方を間違えると効果がなくなったり、思わぬ事故にもつながる恐れがあります。取り扱いには十分注意しましょう。

■新型コロナウイルスに効果があるのか?
厚生労働省のホームページで新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)の記事や、一般財団法人機能水研究振興財団のホームページでも新型コロナウイルス感染予防対策として次亜塩素酸ナトリウム液が推奨されています。

■どのような場面で有効なの?
厚生労働省のホームページでは、食器・手すり・ドアノブなど身近な物の消毒に有効だといわれています。新型コロナウイルス対策商品は品薄であったり、気軽に買い物にもでかけられない状況ですので、ご家庭でお使いの漂白剤で代用できれば便利ですよね。今回、タカギ社員が実際に次亜塩素酸ナトリウムを作り、消毒を行ってみました。意外と簡単にできましたので、ぜひみなさまもお試しください。

タカギ社員が 次亜塩素酸ナトリウム液を 作ってみました!

「塩素系漂白剤を使った消毒液の作り方」をご紹介します。
塩素系漂白剤は水で薄めるだけで「次亜塩素酸ナトリウム」という消毒液を作ることができます。今回は家にあった市販の食器用塩素系漂白剤を使います。まずは、作る前に4つのポイントを押さえておきます。

ポイント①
「塩素系」漂白剤を使いましょう

必ず塩素系漂白剤を使用してください。酸素系漂白剤は消毒液にはできませんのでご注意を。

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤のイラスト

ポイント②
用途に合わせて濃度を変えましょう

厚生労働省HPの説明では消毒したい箇所に合わせて、2種類の次亜塩素酸ナトリウム濃度(薄めと濃いめ)が使い分けられています。

塩素酸ナトリウム濃度のイラスト

ポイント③
手の消毒には使えません

漂白剤を使った次亜塩素酸ナトリウム液は、手の消毒には使えません。漂白剤は、薄めた液でも皮膚を傷めるおそれがあります。ドアノブや取っ手などの消毒液としてお使いください。
手の消毒は基本は手洗いです。厚生労働省でも手洗いを丁寧に行うことで、アルコール消毒液を使用する必要はありませんと記述されています。
手洗い前の約100万個の残存ウィルスが、石けんやハンドソープで10秒もみ洗い後流水で15 秒すすぐだけで、数十個(約0.001%)にまで減るとの研究結果もあるとのことです。(厚生労働省HPより

手の消毒には使えません

ポイント④
布は2枚用意しましょう

ドアノブなどの金属や家具などの木製のものに漂白剤が付着すると、腐食する場合があるため、消毒後は必ず水拭きしてください。「消毒液浸透用の布」「水拭き用の布」を2枚用意しておきましょう。

〈材料〉
・塩素系漂白剤
・水

〈準備するもの〉
・(計測用の)500mL空のペットボトル
・ゴム手袋
・(薄めた漂白剤を浸すための) 布①
・(仕上げ用水拭きのための) 布②
・(布に薄めた漂白剤を浸すための)プラスチックボウル

それではさっそく作っていきましょう!
2種類の次亜塩素酸ナトリウム濃度の作り方をご紹介いたします。

0.05% の作り方

1.
ペットボトルに水を満杯まで入れて、500mLを計り、ボウルに入れる。

2.
塩素系漂白剤付属のキャップ半分(約12.5~13mL)の塩素系漂白剤を入れて混ぜる。

0.1% の作り方

1.
ペットボトルに水を満杯まで入れて、500mLを計り、ボウルに入れる。

2.
塩素系漂白剤付属のキャップ1杯分(約25mL)の塩素系漂白剤を入れて混ぜる。
※塩素系漂白剤はメーカーや商品によって次亜塩素酸ナトリウム濃度が異なりますので、
厚生労働省のHPを参考に薄めてください。

〈消毒液を作る前に、知っておきたい注意事項〉

・家庭用手袋を着用してください
・換気をしてください
・他の薬品と混ぜないでください
・作った消毒液を保存しないでください

次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすく効果が持続しません。また、消毒液を入れた容器の材質によっては、容器が腐食、破裂のおそれがあるため、保存しないでください。消毒液は使用の都度、必要な量をつくるようにしてください。

お家の消毒スタート!

まずは、作った消毒液が入ったボウルに布を一枚入れ、しっかりと消毒液を含ませたら、布を絞ります。消毒液を含ませた布と、水を含ませた布を2枚持って、お家の消毒スタート!

まずは、基本のドアノブから。
外出先から戻ってきた時に最初に触る、玄関のドアノブ。手を洗う前に触るので、こまめに除菌したいですよね。
続いて部屋のドアノブも念入りに。
ドアノブが金属製の場合は、消毒液を含ませた布で拭いたあと、丁寧に水拭きをしましょう。

続いて、階段の手すりも。材質が木製の場合は、消毒液で拭いた後に、水吹きも忘れずに。

トイレの入り口のドアも。トイレの清掃には、市販の家庭用洗剤を使用し、すすいだ後に、漂白剤の濃度0.1%の消毒液を使用して消毒すると良いとのことです。

家族みんなが触ってしまうリモコンも念入りに。表面だけではなく、リモコン本体の横側も忘れずに。

部屋の電気スイッチや、コントロールパネル、インターホンの画面やスイッチも拭きましょう。

お子さま用の椅子も。椅子の材質が木材の場合は、水拭きを忘れずに。おもちゃなどの遊具は、洗えるものは定期的に流水で洗い、天日干しし、嘔吐物で汚れた時は、洗浄後に0.1%の消毒液に浸した後、天日干ししてください。

今回ご紹介した、漂白剤を使った消毒液は、タカギの蛇口にはお使いいただけません。蛇口の表面が金属メッキで加工されおり変色、耐食性低下によるメッキ剥がれの原因となる可能性があります。
タカギの蛇口のお手入れ方法については、こちらのページで詳しくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
タカギの蛇口お手入れ方法はこちら>

外出自粛、在宅勤務なども増え、ご自宅で過ごす時間も長くなっていることと思います。この機会にご家庭で簡単にできる消毒やお掃除をご家族一緒にやってみてはいかがでしょうか?皆様のお家時間をできるだけ楽しく過ごしていただけるよう、c.c.caféwebでは、コウケンテツさんのレシピや、様々な情報をで発信しています。ぜひご覧ください。

c.c.café web TOPへ>