現在メンテナンス中のため、一部コンテンツが閲覧できない場合がございます。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

c.c.cafeエディターKの料理家山脇りこさんブックインタビュー|グルメだけじゃない台湾の魅力

Voice

c.c.cafeエディターKの料理家山脇りこさんブックインタビュー|グルメだけじゃない台湾の魅力

取材・文/上坂美穂 撮影/富貴塚悠太

c.c.caféエディターKのブック&インタビュー

グルメだけじゃない台湾の魅力をガイド。山脇りこさんが案内する「食べて 笑って 歩いて 好きになる 大人のごほうび台湾」。

c.c.café で「自家製 ときどき旅レシピ」を連載している山脇りこさんの新刊をご紹介します。その名も「食べて 笑って 歩いて 好きになる 大人のごほうび台湾」。

りこさん自身が足を使い、人に出会ってあつめた「素敵な台湾」情報がいっぱい。

ここ数年ブームになっている台湾旅行ですが、りこさんが初めて台湾を訪れたのは学生時代のおよそ30年前。近年は公私ともに年に何度も台北を訪れ、数週間単位で滞在しています。そんなりこさんが、見て、食べて、訪れて、おすすめできる! と太鼓判を押す情報を集めています。

「私の仕事は料理なので、レストランや食を紹介するということが本の出発点になりました。ただ「おいしい」と書いても伝わらないから、味や雰囲気を伝える表現には心を砕きましたね。そしておいしい店、いいレストランにとどまらず、台湾の歴史や台湾の人々を知ってほしいという気持ちで書き進めました。台湾に行くということは人に出会うということだと思っています」

ガイドのメインは台北駅を拠点にしたエリアほか、台北の5つのエリア。主に歩くことを想定して、いざ街歩きに出発! 料理家の本領発揮のおいしいレストラン紹介はもちろん、活気あふれる市場、気の利いた雑貨やお土産にちょうどいいグッズやランドマークなどが紹介されます。ライターは入れずに「文章は全部自分で書きました」(りこさん)。そして気が付いたら8万字を書き下ろしていたそうです。りこさんがいかに台湾に魅せられ、台湾の人々が大好きか伝わってきます。

扉の写真は市場の風景。人々の息遣いが聞こえそう。

「台湾は実はタクシーがとても安いのですが、持論は『歩かないことには旅は始まらない!』。モデルルートは、実際ちゃんと歩いて回れるよう選んであります。また、台湾はノスタルジーのキーワードで語られがちですが、実はおしゃれでかっこいい、モダンなお店もたくさんあるのです。そういう部分もぜひ知ってほしいと思います」

本を担当した編集者の鈴木さんと。出版記念のパーティの一コマ

帰国してからも台湾の味を楽しめるよう「ビーフン」や「ルーローハン」などレシも掲載

街歩きガイドの間に挿入されているコラムがまた、このガイドの持ち味。二二八和平公園から台湾の歴史をひもとく本の紹介、理想のエプロンをオーダーする話、台湾のウィスキーの話、中国本土から台湾に来た人々が、故郷の味を求めて開いたレストランの話。すべてりこさんの目を通して描かれ、りこさんの思いがあふれています。 歴史のせめぎあいから生まれる、台湾のひとたちのやさしさ、台湾の食の豊饒さや多様性。そして「なんでこんなに台湾の人はやさしいの?」と尋ねたら「知ってるよ、私たちが日本に片思いだって」と答える台湾人の友だちのほろ苦いエピソード。

「大人というタイトルを付けたのは、大人が自分にご褒美、自分をもてなすという意味に加えて、大人だから旅したらその国の背景がわかる、という意味もあります。若い時の旅行なら『かき氷がおいしいね』だけでも済むかもしれないけれど、40を超え、50の声を聞くような大人の女性なら、目で見て、人に出合って、旅をいろいろなことを考えるきっかけにしてほしいと思うのです」(りこさん)。

旅することで新しい世界を知り、自分をバージョンアップしていく。価値観が定まった大人の世代にこそ必要な経験だといえます。さて、私ごとですが、実は台湾を訪れたのは1995年、なんと前世紀です! このガイドを持って、近いうちに「ごほうび台湾」に行ってみようと思っています。というのも、三陸出身の私、震災の時の台湾の皆様の支援は決して決して忘れてはいけないと思っているのです。

山脇りこ
「食べて笑って歩いて好きになる大人のごほうび台湾」(ぴあ)

人気料理家・山脇りこが指南するのは、台北を“歩いて回る”楽しみ方。台北駅を中心に5つのエリアに分け、食堂のローカルフード、台湾スイーツからホテルのちょい贅沢ディナー、急増中のおしゃれなバー、デザインホテルや街の食材店、雑貨店などをご紹介。オリジナリティあふれる視点で書かれた文章からはそれぞれの魅力が余すことなく伝わり、ガイド&エッセイとして楽しめます。 また、同じエリアならその日の自分と相談しながら、目的スポットを差し替えるなどして、1度ならず、2度も3度も活用いただけます。 歩いて回れば台北の新しい魅力が見えてくる。台湾リピーターにもビギナーの皆さまにも楽しんでいただける一冊です。

本の購入はこちら >

山脇りこ

山脇りこさん

料理家。料理教室「リコズキッチン」主宰。旬の食材と丁寧にとっただし、伝統的な製法の調味料で作る、シンプルでセンスのよい料理が得意。自家製の味噌や梅干し、調味料作りはすでに生活の一部で、レッスンでも積極的に教えている。NHK『あさイチ』ほかTV 出演多数。