ー何かが起きる⁈ラグビーの注目プレーとは②ー【vol.7】学べるラグビー観戦ガイド

Lifestyle

【vol.7】学べるラグビー観戦ガイド
ー何かが起きる⁈注目プレーとは②ー

2019年9月20日から
ラグビーワールドカップ
日本大会がついに開幕!

ワールドカップをより楽しんで
観戦するために必要な基礎知識を
分かりやすく解説します。

文/オグマナオト  イラスト/オギリマサホ

こんな場面に何かが起きる⁉
注目のプレーは
ここをチェック!
その2

なにかと「難しい」「覚えにくい」と言われがちなラグビーのプレー内容も、実は抑えるべきポイントはそれほど多くない。ここだけ覚えておけば大丈夫!
 という注目プレーや見どころについて学んでいこう。

ーーー
ステップ

 攻撃面でもっとも個人的資質が問われるプレー。「ステップを切る」という表現があるように、急にスピードを変えたり、急激な方向転換をしたりと、鋭角なプレーが求められる。その一方で、うなぎのようにヌルリと相手守備をかわす選手も。華麗なステップで抜き去り、トライに結びつけるプレーは、ラグビーの見どころの一つ。

ラグビーのステップを切る選手のイラスト

ーーー
ハンドオフ

 ボールをもっている選手が、タックルにきた相手選手をかわすため、ボールをもっていない手で押さえつけて抜き去るプレーのこと。張り手のように相手を弾くだけでなく、タックルにきた選手の勢いを利用し、その反動を推進力に変えて自分のスピードをさらに加速させることも。一流選手は右手でも左手でも、どちらでもできる。

ハンドオフをするラグビー選手のイラスト

ーーー
トライ

 相手チームのインゴール内にボールを持ち込み、地面につければ「トライ」成功で5点獲得。なお、次のゴールキック(2点)は「トライした地点からタッチラインと平行線上の地点」なので、なるべく中央寄りにトライした方がキックは入りやすい。守備チームの反則でトライが妨げられたとレフェリーが判断すれば「認定トライ」となる(※2017年からは、認定トライ後のゴールキックはなくなり、即7点)。

トライをするラグビー選手のイラスト

豆知識のアイコン

試合前には「ハカ」にも注目!

オールブラックスの選手がハカをするイラスト

 ニュージーランド代表“オールブラックス”戦で、試合前のお楽しみといえば、伝統の儀式「ハカ」。元々はニュージーランドの先住民・マオリ族の戦いの前の舞踊で、自分自身とチームを鼓舞し、相手を威嚇する狙いがある。ちなみに、掛け声の冒頭に出てくる「カ マテ! カ マテ!」は「私は死ぬ! 私は死ぬ!」という意味で、決死の覚悟を歌ったもの。「頑張ってー! 頑張ってー!」と聞こえてしまうのはもちろん空耳。オールブラックス以外でも、サモア代表の「シヴァタウ」、フィジー代表「シビ」、トンガ代表「シピタウ」など、いくつかの国ではハカに相当するものがある。そのため、これらの国同士の対戦では、試合前の「ハカ対決」から盛り上がるのは間違いない。


日本の主将、3度目の
W杯に挑戦する
リーチ・マイケルの
スペシャルストーリーは
詳しくはRugbyぴあで!

矢印のイラスト
ラグビー日本代表パーフェクトガイド2019Rugbyぴあの画像

Rugbyぴあ
~がんばれジャパンラグビー! 特集号

自国初開催のラグビーW杯を前に、世界ランキングで過去最高に並ぶ9位に位置づけたジャパン! 期待の高まるなかで8月26日に発売となった「Rugbyぴあ ~がんばれジャパンラグビー! 特集号」は、トップ選手のインタビューやストーリー、識者たちによる「W杯楽しみ方座談会」、沢木敬介(元サントリーサンゴリアス監督)による「日本代表の対戦国分析」、櫻井翔×田中史朗 対談など、W杯を楽しめるコンテンツがたっぷり。
初めてラグビーを観戦したいと思っている人でも、ラグビー好きの人でも、「そうだったのか!」「なるほど!」と思う知識や情報も。
また、W杯のあとに待つオリンピックへむけた「セブンズ」や「スーパーラグビー」を知るための特集“ジャパンラグビーの未来”もあり。
現在とこれからの日本のラグビーをとことん応援する1冊です。