ー何かが起きる⁈注目プレーとは①ー【vol.6】学べるラグビー観戦ガイド

Lifestyle

【vol.6】学べるラグビー観戦ガイド
ー何かが起きる⁈注目プレーとは①ー

2019年9月20日から
ラグビーワールドカップ
日本大会がついに開幕!

ワールドカップをより楽しんで
観戦するために必要な基礎知識を
分かりやすく解説します。

文/オグマナオト  イラスト/オギリマサホ

こんな場面に何かが起きる⁉
注目のプレーは
ここをチェック!
その1

なにかと「難しい」「覚えにくい」と言われがちなラグビーのプレー内容も、実は抑えるべきポイントはそれほど多くない。ここだけ覚えておけば大丈夫!
 という注目プレーや見どころについて学んでいこう。

ーーー
スクラム

 ファウルなどでプレーが中断した後のリスタート方法。両チームのフォワード8 人同士が隊列を組み、中央にできた隙間にボールを投入したら、あとは押し合い。ボールを足でかき出しながら最後尾の選手が拾い上げることで試合が再開される。8人の総体重は900キロ近く。衝撃は1トン以上ともいわれる力と力のぶつかり合いだ。

ラグビーのスクラムのイラスト

ーーー
タックル

 ボールをもった選手を捕まえて倒すプレー。体格で劣る日本にとって、低く鋭いタックルこそが海外勢を撃破する上で不可欠な武器。ラガーマンの勇気が試されるプレーであり、一発のタックルが味方を勇気づけて試合の流れまで変えてしまうことも。なお、タックルを受けた選手は、すぐにボールを放すか、パスしなければ反則となる(※例:倒れたままボールを放さないと「ノット・リリース・ザ・ボール」の反則)。

ラグビーのタックルのイラスト

ーーー
ラック・モール

 「ラック」も「モール」もともに密集でボールを奪い合うプレーだ。
「ラック」は、タックル成立後、地面にあるボールに選手が密集してボールを奪い合う。攻撃側はボールを奪われないよう、あの輪の中で体を張ってボールを守る。
一方、「モール」は、ボールをもった選手の周りに集まり、立ったまま体を密着させてボールを奪い合う。押しくらまんじゅうに見えるのがモール。押されても泣かない。

ラグビーのラック・モールのイラスト


日本代表は世界の競合国と
どう戦うのか!
沢木敬介氏による対戦国分析は
詳しくはRugbyぴあで!

やじるしのイラスト
ラグビー日本代表パーフェクトガイド2019Rugbyぴあの画像

Rugbyぴあ
~がんばれジャパンラグビー! 特集号

自国初開催のラグビーW杯を前に、世界ランキングで過去最高に並ぶ9位に位置づけたジャパン! 期待の高まるなかで8月26日に発売となった「Rugbyぴあ ~がんばれジャパンラグビー! 特集号」は、トップ選手のインタビューやストーリー、識者たちによる「W杯楽しみ方座談会」、沢木敬介(元サントリーサンゴリアス監督)による「日本代表の対戦国分析」、櫻井翔×田中史朗 対談など、W杯を楽しめるコンテンツがたっぷり。
初めてラグビーを観戦したいと思っている人でも、ラグビー好きの人でも、「そうだったのか!」「なるほど!」と思う知識や情報も。
また、W杯のあとに待つオリンピックへむけた「セブンズ」や「スーパーラグビー」を知るための特集“ジャパンラグビーの未来”もあり。
現在とこれからの日本のラグビーをとことん応援する1冊です。

記事一覧に戻る

次回は10月21日(月)
更新予定!