なぜラグビーは 「紳士のスポーツ」?学べるラグビー観戦ガイド【vol.4】ーとっておきのラグビートリビアー 

Lifestyle

【vol.4】学べるラグビー観戦ガイド
ーとっておきのラグビートリビアー

2019年9月20日から
ラグビーワールドカップ
日本大会がついに開幕!

ワールドカップをより楽しんで
観戦するために必要な基礎知識を
分かりやすく解説します。

文/オグマナオト  イラスト/オギリマサホ

とっておきの
ラグビートリビア

友との関係性も恋人との距離感も、相手の“意外な顔”を知ることでグッと近づくもの。きっとそれはラグビーも同じ。世界の祭典が身近にある今だからこそ、その知られざる一面も理解しておこう。

名門パブリックスクールの生徒がラグビーボールを蹴るイラスト

なぜラグビーは
「紳士のスポーツ」?

 こんなにも勇ましく、泥にまみれる競技であるラグビーが「紳士のスポーツ」と呼ばれる理由は、ラグビーの母国・イングランドでの成り立ち……つまり、名門パブリックスクールであるラグビー校で生まれたことに起因する。パブリックスクールとは、そもそも「ジェントルマン=紳士」を養成する学校だ。「紳士養成校で生まれ、その後も上流階級を中心に親しまれて発展した」からこその「紳士のスポーツ」なわけだ。
 また、ラグビーでは試合終了のことを「ノーサイド」と呼ぶ。試合が終われば敵味方関係なく、互いの健闘を讃え合う「ノーサイドの精神」もまた、「紳士のスポーツ」と呼ばれる理由の一つだ。
 そしてもう一つ。1 チーム15 人と人数の多いラグビーでは、足が遅くても力自慢な者、体は小さいけど誰よりも俊敏な者……さまざまな個性が必要とされる。それは同時に、一人の力では勝てないことも意味する。“仲間のため” “チームのため” という「自己犠牲の精神」が大事な点も、「紳士」たる所以なのだ。


得点を決めたのに
「挑戦」ってなぜ?

ラグビーをキックする日本選手のイラスト

 ラグビーの醍醐味ともいえる「トライ」。でも、冷静に考えると点が決まったのに「Try(挑戦する)」ってどういうこと?
 実はラグビーができた当初、トライ自体に点数はなく、その後のゴールキックを決めてようやく得点が認められるルールだった。つまり、「Try at goal(ゴールへの挑戦権)」からできた言葉なのだ。


「日本代表」に外国籍選手が多い理由は?
詳しくはRugbyぴあで!

矢印のイラスト
ラグビー日本代表パーフェクトガイド2019Rugbyぴあの画像

Rugbyぴあ
~がんばれジャパンラグビー! 特集号

自国初開催のラグビーW杯を前に、世界ランキングで過去最高に並ぶ9位に位置づけたジャパン! 期待の高まるなかで8月26日に発売となった「Rugbyぴあ ~がんばれジャパンラグビー! 特集号」は、トップ選手のインタビューやストーリー、識者たちによる「W杯楽しみ方座談会」、沢木敬介(元サントリーサンゴリアス監督)による「日本代表の対戦国分析」、櫻井翔×田中史朗 対談など、W杯を楽しめるコンテンツがたっぷり。
初めてラグビーを観戦したいと思っている人でも、ラグビー好きの人でも、「そうだったのか!」「なるほど!」と思う知識や情報も。
また、W杯のあとに待つオリンピックへむけた「セブンズ」や「スーパーラグビー」を知るための特集“ジャパンラグビーの未来”もあり。
現在とこれからの日本のラグビーをとことん応援する1冊です。

記事一覧に戻る

次回は10月16日(水)
更新予定!