大人気書籍「づんの家計簿」の著者づんさんが、挫折歴10年のライターに続けられる家計簿の秘訣を伝授!

Lifestyle

づんさん、ずぼらな私にも
家計簿つけられますか?〈第1回〉

取材・文 知野美紀子  撮影 青木章、岡本寿

気がつけばもう1年の後半に入りました。この時期、書店をにぎわすのが「家計簿」や「家計に関する本」。毎年書店でのフェアを見るたびに「来年こそは家計をしっかり管理しよう!」と心に誓う人も多いのでは?毎年家計管理をするぞ、と意気込み家計簿を買うも、1ヶ月も続けられないダメダメ主婦ライターが、手書き家計簿のカリスマで著者累計30万部突破の「づんさん」に続けられる家計簿の秘密を教わってきました。

づんさんのプロフィール >

アプリじゃなくて手書きの家計簿を おススメするのはなぜ?
家計簿を書くづんさん

ライター
「づんさん、三日坊主の私が“手書きの家計簿”なんて続けられますか?」

づんさん
「大丈夫。続けられます! 手書きで日々の支出を記すことで、その時の家計を把握しやすくなるんです。しかも、書くことでより記憶に残りやすいんですよ」

ライター
「とはいえ、アプリの方が手軽な気がしてしまうのですが…」

づんさん
「アプリを使うのは、これまで三日坊主だった人が続けるのは手軽に感じるかもしれませんね。でも、手軽だから続けられるかというと、そうではないかもしれません。家計簿というのは“記録すること” が目的ではなく“家計を把握すること” が目的です。自分の文字で書くことで気持ちが入りやすく、お金を使いすぎてしまった日には、改善しようという気持ちになります。またひと月使ったすべてのお金を俯瞰して見られるのは紙で書いた家計簿ならではです。これを見ると、自分の家庭が“何にどれだけ使っているか”がとても分かりやすく、例えば“毎日、子どものお菓子を買っているな”とか“コンビニで飲み物買い過ぎだな”とか節約できることが可視化できるんです」

ライター
「でも、イチから自分で罫線を書いて家計簿を作るのはちょっと面倒な気もします…」

づんさん
「実は購入した家計簿の方が後々上手く使えなくなることの方が多いんです。私もそれで最初は失敗をして家計簿に何度も挫折しました」

ライター
「え! づんさんが家計簿に挫折していたなんて意外です」

づんさん
「市販の家計簿はあらかじめ決められた項目に当てはめて書かなければいけないし、決められた1日のスペースの中で書かなくてはいけないですよね。でも、実際は週末にたくさん買い出しをして、決められたスペースに書ききれなかったりして……。これがストレスで続けられませんでした。づんの家計簿は自由にスペースを決められて、自分が書きやすく、見やすいように家計簿をつけることができます。その日に買ったものをひたすら書き出すだけ。自由で簡単なのが、づんの家計簿の特徴です」

ライター
「確かに市販の家計簿だと、決められたスペースに書ききれなくて、空いた場所に記入して分からなくなったり、食材の項目分けで混乱していました。づんの家計簿ならストレスフリーで三日坊主の私も続けられそうな気がしてきました! 自分で作るから好きな時から始められるし、早速今月から挑戦します!」

づんの家計簿のつけ方

まずは取り組みやすい、初心者向けのづんの家計簿を紹介。これに1ヶ月慣れてから、徐々に自分の見やすい家計簿を作っていきましょう!

づんの家計簿の作り方

方眼ノートの左ページを上下半分にする罫線&下半分を縦3等分にする罫線を引く。
右ページは縦3等分にする罫線を引く。

これが「づんの家計簿」!
づんの家計簿の写真1

<記入方法>

①お金を使ったら、すべて書き出す
レシートをそのまま記入するだけでOK。
「日付・曜日」「店名」「買ったもの」「金額」「店ごとの合計金額」を黒ペンで記入。
「その日までに使った合計金額」を赤ペンで記入。

②「財布の残額」を1日の最後に記入
ひと月の予算(お財布に入っている全額)から、その日使った金額の差額)を緑ペンで記入。

づんの家計簿の写真2

③使用金額を上書き合計する
支出を書き出す時は、前日の合計額にその日の合計額を上書き合計します。
例えば10 /1に¥12,771 使用して、10 / 2 に¥1,188 使用した場合、最終支出額は¥14,509 と赤字で記入します。上書き合計を書くことで、“これから使える残高ではなく、現時点までで使った金額”を意識することができ、無駄遣いを減らす効果があります。

づんの家計簿の写真3
ずぼらライター 家計簿挑戦レポート

ずぼらライターが1ヶ月づんの家計簿に挑戦!
はたして三日坊主にならずに続けることができるのか?
そしてザルだった家計を見直すことはできるのか?

ライターが挑戦するづんの家計簿1

レシートを入れておけるファイル付きのノートを購入し、いざ、罫線を書いてみる。
これだけですっかりやった気分になるから不思議です。これぞ手書きマジック!

ライターが挑戦するづんの家計簿2

溜め込んだレシートをテーブルに出し、はりきって1週間分書いてみた。
づんさんはお財布の残金は緑のペンで書いていたけれど、ペンを持ち変えるのすらめんどくさいズボラな私は、赤・青・黒の3 色ペンですべて書くことに。青で書いた残金が見えにくいことが発覚したが、ストレスを減らすことが継続への近道と考えこのままでいくことにする。
しかし、たった1週間で残金が予算の半分近くいっているという恐怖……。でもよく見てみると、出張の新幹線代が含まれていることが分かりひと安心。
づんさんが言っていたように“手書きは俯瞰してみられる” から確かにお金の用途が把握しやすい!

このまま続けて、我が家の大赤字の家計をみなさまに見せるのかと思うと悲しい気持ちになってきたが、恥をさらすことで家計が正されるならよし。とりあえず1ヶ月頑張るぞ。

?次回は?

家計簿の挫折ポイント「カード・ポイント払いのつけ方」「特別費の考え方」を詳しくお伝えいたします。1ヶ月ずぼらライターがちゃんと続けられたかもお伝えいたします。

毎日が潤う づんの家計簿決定版

「毎日が潤う づんの家計簿決定版」(ぴあ刊)
著者累計30万部突破! 大人気インスタグラマーづんさんの最新刊! 家計簿が続いたことがない・・・毎月お給料を使い切ってしまう・・・貯金の仕方がわからない・・・そう悩む方でも大丈夫!デジタルな時代だからこそ、あえて「手書きの家計簿」がお金を貯める最短ルートです。本書では、づんさんが実際に使っている家計簿ノートを大公開! 収入が少なくても、面倒くさがりでもお金が貯まる家計簿のつけ方を教えます! また、家計簿のつけ方だけではなく、「手書き」で夢を叶えてきたづんさんのノートも公開しています。づんさんが実践してきたノート術で自分と向き合うことができ、目標に向かって行動できるようになります。夢を叶える「手書き」のコツを本書でご紹介します!

づんさんの顔写真

づんさん

著者累計30 万部突破の大人気インスタグラマー。づんの家計簿が誕生するまで、生活も金銭感覚もズボラ丸出しでそのうえ計画性0。貯金はもちろんなし。何度も訪れる危機感から、結婚出産を経て家族にこれ以上心配をかけてはならない!とようやく本気に火がつく。なぜ続けられないのかを2 年模索し、2014 年に自作で書いていく『づんの家計簿』を思いついた。まずは記録することに徹する!と習慣化から取り組み、毎月しっくりくる書き方を工夫しながら変化し今の書き方に辿り着く。把握できる家計簿として 注目を集める。

>づんさんのインスタグラム
※外部サイトに遷移します。