現在メンテナンス中のため、一部コンテンツが閲覧できない場合がございます。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

子どもと一緒に作って食べる「クリームソースの肉団子」| コウケンテツのパパの料理は世界一

Food

子どもと一緒に作って食べる「クリームソースの肉団子」|
コウケンテツのパパの料理は世界一

パパの料理が家族の
笑顔を運んでくる!

みなさんのリクエストに
コウケンテツさんが
応えるレシピ。

レシピ作成・監修/コウケンテツ 撮影/山家学 
文/北條芽以  スタイリング/岩﨑牧子
構成/上坂美穂

コウケンテツの子どもと一緒に作って食べるおつまみレシピ④

今回のシリーズはコウケンテツさんの考案したおつまみレシピを全4回でご紹介。
おつまみ第4回は、子どもにお手伝いをさせながらワイワイ作る編②。パパのビールのおつまみに、子どもには食事やおかずになるレシピを考えてみました! テレビのスポーツ観戦の前に作ってみんなで応援!

子どもと一緒に作って食べるおつまみ②クリームソースの肉団子

大人も子どもも大好きな肉団子。テレビでのスポーツ観戦の前に作って、応援しよう!

コウケンテツさんが子どもと作る肉団子
コウケンテツさんのRecipe Point①
コウケンテツさん①
きのこのうま味たっぷりの味わい深いクリームソース。きのこは包丁を使わず、手でほぐすと味がよく絡みます。肉団子はコロコロと転がしながら焼いて、丸く仕上げましょう。表面はしっかり焼き色をつけたほうが香ばしくておいしく仕上がりますから、しっかりと焼きます。

材料(作りやすい量)
たね豚挽き肉200g
たまねぎのみじん切り1/4 個分
溶き卵1/2 個分
薄力粉
大さじ1

小さじ1/3~1/2
クリーム
ソース
マッシュルーム2 ~ 3 個
オリーブオイル大さじ1/2
にんにくのみじん切り1/2 片分
生クリーム
200 ㎖

小さじ1/3
サラダ油
各適量
イタリアンパセリのみじん切り
各適量

作り方


たねの材料を混ぜる。最初はにぎりつぶす感覚で。

肉団子のたねを混ぜる写真①

2
混ざってきたらフワフワと返すように混ぜる。

肉団子のたねを混ぜる写真②


3

10~12等分し、サラダ油をまぶした手(またはスプーン)で丸く成形する。

肉団子のたねを丸める写真


フライパンにサラダ油をなじませて熱し、ころがしながら表面を6~7分焼く。器に盛る。

肉団子を焼く写真


クリームソース用のマッシュルームは手で細かく裂く。

マッシュルームをさく写真


小さめのフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火にかけ、5を加えて炒める。

マッシュルームを炒める写真


香りが立ったら、生クリームを加えて2分ほど煮詰める。塩で味をととのえる。4にかけ、イタリアンパセリを散らす。

クリームソースを作る写真
クリームソースの肉団子の完成写真

  Point  
こってりしたソースの肉団子は子どもにも大人にも大人気。スポーツ観戦のときにワイワイいただきます。うま味が詰まったおいしさで、大人たちはビールにするかワインにするか迷いそう。手伝ってくれた子どもたちと一緒に祝杯をあげたいですね!


コウケンテツさん

料理家。シンプルに素材の味を活かし、作りやすいレシピに定評があり、テレビ、雑誌、書籍などで大活躍。近著に「コウケンテツのおやつめし2」(クレヨンハウス)など。
コウケンテツさんの写真