戸井田園子さんが「エアコン」選びのコツをアドバイス|家電deアンサー第4回「エアコン」

Lifestyle

第4回 エアコン
戸井田園子さんの家電deアンサー

家電コーディネーター
戸井田園子さんが、
家電の買い替えのコツを
アドバイスします。

取材・文/上坂美穂  イラスト/添田あき

戸井田園子さんがエアコンの選び方をアドバイス

家電コーディネーター 戸井田園子さんが、キッチン家電の買い方&買い替えについてアドバイスします。
第4回はエアコンについて。
IoT が進むエアコン、その買い替えタイミングは?

買い替えしたい人のシチュエーション

●エアコンの掃除、どうにかならない?

●エアコンの効きが悪くなったような気がする

●そろそろ技術の進歩?新製品を試してみたい


I o T やA I 対応。
進化するエアコンの機能

―エアコンは技術革新時代を迎えているのでしょうか。

「最近よく聞くIoT (インターネットにつながり、オン、オフの遠隔操作ができたり、使用状況や電気代がスマホで確認出来たりするなど)や、AI 対応(エアコンの場合だと、その日の天候や天気予報と連動して、温度を調節してくれるなど)で、便利さ、使い勝手は上がっていますね。「気温が下がるでしょう」という天気予報に連動して、エアコンがいつもより温度を上げて作動したり、最新機種だと「花粉が飛ぶでしょう」という予報に連動して、花粉モードで運転したり、さらに空気清浄機もリンクさせることも可能になりました」

―使いこなせるのか? と思う部分もありますね。

「そんな機能誰が使うのかな? 本当に要るのかな? と思っていたのですが、実際に体験してみると、とても便利ですよ。わが家で使っている機種の話ですが、子どもが出かけた後にエアコンがつけっぱなしだったらしく、外出先で「消しますか?」というお知らせを受けたので、「消して」と(笑)」

―というと、やはり機能ですね。電気代で買い替えの元を取るというより。

「1990 年以降は、省エネが飛躍的に進んだので、今は買い替えで電気代の元を取るというよりも、快適さを求めるということでしょうね。静か、適切な湿度、こまめな温度調節などは本当に進化しています。また、冷暖房の効率を落とさない内部洗浄機能など、内部が汚れないので快適に使用できるものや、これまでできなかったファン自体が掃除できる、また10 年掃除しなくていいと謳っているものなど、メンテナンス部分も進化しています」


買い替えタイミングは
ゴールデンウィークから
梅雨の間!

―エアコンの買い替え時期はいつがいいのでしょうか?

「ずばり秋、または春です。秋は新製品が発売されます。新モデルは暖房に合わせて出るんですよ。春は秋に出て冬を経て新製品の評価が定まってきているので、それを見極めてから買いたい人は春がいいかもしれません。ゴールデンウィークに窓を開けて掃除しながらエアコンの効き具合や匂い、音などもチェック。冷えないなと思ったら検討しましょう。梅雨ぐらいまでは取り付け工事も混んでいないので、真夏のエアコンが必要な時期に待たされたりするストレスを考えると早めの買い替えがいいと思います。自分の気持ちにも余裕があるし、工事も丁寧にしてもらえることでしょう」


エアコンの買い替え時期は秋、特に春はおすすめ。ゴールデンウィークから梅雨の間が、余裕をもって選べるし取り付け工事も待たされない可能性が。

例えば… こんなエアコン

三菱電機霧ヶ峰Zシリーズの写真

三菱電機 霧ヶ峰Z シリーズ

室温・人の体温などを感知する「ムーブアイmirA.I.( ミライ)」が特徴。AI 搭載で、室温・体感温度などを先読みし「暑い・寒い」と感じる前に、温度と湿度をコントロール。

ダイキンうるさら7Rの写真

ダイキン うるさら7R

シリーズ空調専業ナンバーワンメーカーの確かな技術とAI で好みの室内環境に。加湿ができるのが最大の特徴。


from c.c.cafe

どうして戸井田さん?

書店で家電評論の本といえば、男性誌コーナーにあるのが定番です。そして、男性の評論家が家電のスペックの優劣を比較する。そんなトーンが一般的ですが、それは女性の目線から見ると違和感が。実際に家事をしている男性ならともかく、主婦目線の家電評論って、違うのでは…?そんな素朴な疑問を持っていろいろな方に相談するうちに…。戸井田さんに出会うまで1年以上の歳月が過ぎました。

人物のセレクションとしてこだわったのは、評論家自身が、その器機を実際に使って生活しているか?という点でしたが、炊飯器を毎日変えて使う、掃除機は8種類を使い分ける生活に、これぞ本物!と感動したことを憶えてます。そんな戸井田さんだから、取材の仕方もユニーク。某電気店を最上階から各階歩きながらしたインタビューは、プライベートコンシェルジュと歩いているような、本当に贅沢な時間でした。たくさんの有益なお話の中のエッセンスを、ぜひお読みください。


戸井田園子さん

といだ そのこ

大手プレハブメーカーでインテリアコー ディネートを担当し、インテリア研究所を 経て商品企画部へ。その後、インテリア& 家電コーディネーターとして独立し、情報ポータルサイトAll Aboutはじめ、人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の家電コー ディネート、テレビや雑誌の家電企画など幅広いメディアで活躍。家電業界出身ではない中立的な立場と消費者目線での製品評価や、分かり易い解説をするのがモットー。お掃除ロボットなど、使うことで家事から解放され時間を産むことを「時産」と命名し、積極的な活用を提唱中。

家電コーディネーター戸井田園子さんの画像